教育目標沿革教育内容園の特色

広々とした園庭や恵まれた自然環境を活かし、子供たちが必要な基礎知識を身に付けることができるように、さまざまな体験ができるカリキュラムを組み、個々の発達に見合うよう支援していきたいと思っております。
例えば、保育内で行っております体操では跳び箱を使って元気よく運動したり、筆を初めて手にしながら紙いっぱいに文字を書くお習字の時間、鍵盤ハーモニカで楽しいリズムやメロディーを吹く音楽リズムの時間…。
初めは自信のなさそうな顔をしていた子も、興味を持ちはじめ、やがて夢中になっていきます。
自分から取り組み、やりとげた子供たちの顔は、キラキラと眩しく輝いてきます。

  • まじめな思いやりのある子に。
  • しっかりとあいさつのできる子に。
  • 友達と協調できる子に。
  • 自主独立の精神を持つたくましい子に。
  • ものごとにあわれみを感じ、美しい物に感動する情緒豊かな性格を持つ子に。
  • 何事にも疑問を持つ幼児期に適切な解答を与え、また誘導して知能開発向上を目指します。
  • 童話、紙芝居、絵画等を通じて想像力の育成に努力いたします。
  • 数あそび、文字あそび等を通して、学習の基礎を身に付け集中力や理解力を養います。
  • 図書室には職員が選んだ豊富な本があり、月に3回程度持ち帰って読む事により、親子のコミュニケーションをはかります。
  • 保育内に1日1冊、保育者が本の読み聞かせを行っております。
  • 薄着の習慣をつけて広い運動場で活動し、遊びの中で鍛えます。
  • 年間を通して、体操、水泳等の指導で、身体機能発達促進の指導をいたします。
  • 体操教室では3年間の総まとめと致しまして年長のおわりに体力測定を行っております。
  • 衛生に留意し、食物の好き嫌いを言わず、何でもおいしくいただける習慣を養います。
ページトップ
1970年(昭和45年4月)
開園
1988年(昭和63年10月)
園舎増築・遊戯室完成
2000年(平成12年)
プール新築・2部屋増築